2006年11月24日

公演は無事に終了しました。

多和田葉子×高瀬アキ 公演「詩人の休日」およびシンポジウム「前衛とネットワーク――非公式芸術の扉を開く」は無事に終了しました。どちらも充実した内容で、参加された方々はみなさん満足されたようです。

内容がすばらしかっただけに、聴衆が少なかったことだけが残念です。当日は新潟中でたくさんの催しがありましたから、仕方ないと言えば仕方ないのですが。(特にシネウインドの21周年祭とバッティングしたのは痛かった…)

多和田さん、高瀬さん、シンポジウム参加者のみなさん、ご協力いただいた方々、聴衆のみなさん、たいへん有り難うございました。

さて、次回の企画やいかに…。
posted by masa at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

突然の告知、失礼いたします
今秋もやってきます。
シアターΧのこのシリーズでは2001年から毎年「チェーホフ」「ブレヒト」等をモチーフに続けています。


シアターXプロデュース公演 
晩秋のカバレットシリーズ 第7回
ベルリンから気まぐれて

多和田葉子+高瀬アキ

『飛魂[I]』

鬼が喋ると音が嗤う。 森林の奥深く住むと言われる虎使いの女を訪ねて、
ピアニスト高瀬アキと作家多和田葉子が、未知の世界に入り込む。
変幻自在ー飛ぶ言葉、揺れる音。 ドイツから見た日本語の面白さを、
不思議なストーリーにそってたどる新しいシリーズ「飛魂」の第一弾。
これまで聞いたことのない音の世界にたっぷりひたって、 耳を喜ばせてあげてください。
(小説『飛魂』は1998年講談社より刊行)

出  演

多和田葉子(自作朗読)
高瀬アキ(ピアノ)


日  時  2007年11月3日(土・祝)19時開演(※開場時間は30分前)

チケット  前売:3,500円、当日:4,000円、学生:2,500円(全席自由)

申込み・お問い合せ
シアターX(カイ) TEL 03-5624-1181

企画・製作 シアターX(カイ) 
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
TEL 03-5624-1181 FAX03-5624-1155
URL http://www.theaterx.jp
Posted by シアターX at 2007年10月08日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。