2013年03月05日

2012年をふりかえって

お久しぶりです。「忙しい」という言い訳はしないようにしているのですが、本当に忙しくて、ブログどころではなったのです。やっぱり言い訳です。

それでは、どう忙しかったのかというと、やはり水と土の芸術祭でした。市民プロジェクトとして「うちのdeチンドン」で参加していました。芸術祭期間中、11回チンドンをやりました。いやあ、どこでもたくさんの方々に喜んで頂いて、本当にやって良かったです。

チンドン以外にもあちこちで演奏しました、

6月13日には砂丘館で「鳴神月の青嵐」というコンサートをしました。
http://www.youtube.com/watch?v=C_9EzCHTmEM

7月21日には沼垂ラジオでのライブセッション
http://www.youtube.com/watch?v=GslvowKAJYE

10月20日、21日には「ジョン・シルバー」に出演
http://www.mizu-tsuchi.jp/news/【10月20日土・21日日】「ジョン・シルバー」上演/

11月10日にはイリーナ・ザトゥロフスカヤと堀川久子のパフォーマンスに参加
http://www.mizu-tsuchi.jp/news/イリーナさんドローイングパフォーマンス/

12月13日と23日には坂巻正美作品の中での「シシとの対話」
http://www.mizu-tsuchi.jp/news/12月のパフォーマンス/

この他にもいろいろやりましたが、やりすぎて詳細が思い出せません。あ、大友良英のオーケストラNIIGATA(12月24日)にも参加しました。しかしまあ、人前でこんなにたくさん演奏したのは、生まれて初めてです。

自分が参加したライブ以外にも3つのイベントを企画し、実現しました。
まず、ミッシェル・ナガイの作品の公演。7月15日佐藤家での「福井の音風景」と7月16日砂丘館での「知ることの歌」
11月19日、多和田葉子&高瀬アキ公演「変身」
12月21日、「詩人・三角みづ紀氏講演会 朗読と映画上映」

さらに、科学研究費による研究プロジェクト「ソ連邦崩壊前後のアンダーグラウンド芸術の変容に関する研究」による研究会やイベントを5回開催しました。我ながら頑張りましたよ。

早稲田大学での講演会(6月13日「ロシア・中東欧ジャズの魅力を語る――フォークロアから現代音楽まで」と新潟市美術館でのシンポジウム(11月25日「みつけた、ローカル・アヴァンギャルド!!」)でもしっかりお話を致しました。

1990年ぐらいからやけくそのように原稿を書いています。1年間にだいたい原稿用紙200枚は書いてきました。ところが、昨年1年間で書いた原稿はグロスマン『人生と運命』の書評なんと2枚! 自分でも生産的な人間だと思っているのですが、昨年は原稿を書く時間とエネルギーを全部他のことに使っていたことが今さらながらよく分かります。

芸術祭も終わり、一息つきました。先日久しぶりに出来の悪い論文のようなものを40枚書きました。3月下旬にはモスクワに行きますが、国際学会で報告もします。今その準備に追われています。そして、もう1本の論文も構想しています。ずっと翻訳作業をしている本も今年中に出版します。これはもう絶対にやるのです!

4月になったらまたチンドンも再開します。ライブもやります。CDもつくります。体力勝負です。

私はちゃんと働いています。私はまだ生きています。
posted by masa at 01:38| Comment(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。