2011年03月31日

能について

昨年のモスクワ滞在中、オブラスツォーフ国立アカデミー中央人形劇場・人形劇博物館ではたいへんお世話になった。劇場の中には人形劇専門誌「奇跡の劇場」の編集部があり、ここのスタッフにはことのほかお世話になったばかりか、私がクラブ・マスチェルスカーヤで行ったミニ・レクチャーを原稿にして「奇跡の劇場」に掲載してくれることになった。

その原稿が掲載された「奇跡の劇場」(2010年第3-4号)が最近モスクワから届いた。有り難いことである。私が能管を吹いている写真まで載っている。
М. Судзуки (Япония).
С флейтой в руках о театре Но.
≪Театр Чудес≫ 3-4, 2010 год. С.28-29.
TD2010_3_sm.jpg

次のサイトから全文ダウンロードできる。
http://puppet.ru/?pageId=289

大学の紀要とか研究誌のように読者が限られている媒体ではなくて、演劇関係者や人形劇ファンが幅広く読んでくれるこの雑誌に載せてもらえたことがとても嬉しい。

この半年間あまりにも目まぐるしくて、ほとんど何も書けずに苦しんでいたのだけれど、今回この雑誌を手にして、またもっと書こうという元気が出てきた。
posted by masa at 15:25| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

無事です。

国内外の大勢の方々から安否を気遣うメールを頂戴しました。
有り難うございます。こちらは家族共々元気です。

新潟市内は申し訳なくなるくらいに平穏無事です。
災害ニュースを見るにつけ、胸が痛みます。
自分の無力さ加減が情けなくなります。

どうか一人でも多くの人が助かりますように。
posted by masa at 15:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。